育児談・創作四コマ漫画「ダークマザー」

活動・発表の場をTwitterに移します。2018年12月に閉鎖します。Please look at Twitter(@marumiyu4) from now on

育児談

子育てが楽しくないだなんて

投稿日:2017年2月26日 更新日:

出産後の生活が嫌になって、つまらない!逃げたい!なんて思うことが時々ありました。
育児がツライ。
可愛い赤ちゃんなのに罰があたりそうで申し訳ない気持ちに。

「子供がただ健やかに育ってくれたらそれで十分」
私の場合それだけではモチベーションを持続させる事が難しかったのです。

赤ちゃん育児の目標

今は赤ちゃんだけど先のことを考えてみました。
この子が数年後自分のやりたいことを見つけてどんどん進んでいってくれたら、育児がラクじゃないか?と。

子供時代をあまり感動なく過ごしてしまい、だいぶ大きくなったのに「なにをしたらいいのかわからない」って状態だと、なかなか子育てが終わりませんよね。

赤ちゃんに今しかできないこと

赤ちゃん時代の脳はあっという間に発達していくそうです。
母である自分がこの人の将来を左右している!
私はそう思うと、赤ちゃん育児に対してちょっとやる気がおきました。

色々なことに興味をもって、挑戦できるような脳に育ってくれたら、自分の道を見つける日が近い!

愛情を伝える

まだ日本語が分からない赤ちゃんでも、伝えます。
無言よりずっと良い。
この世は良いところで、自分の存在は歓迎されているんだと伝わるように。

触れ合い

授乳の時。
オムツ交換の時。

マッサージ、となると専門性があって面倒臭くなります。
簡単にちょっと、なでなでする。
それはたとえほんの一瞬でも、良い影響だと思います。

母親側の脳の問題

出産した後の母親の脳は賢くなると聞いたことがあります。
けれども、私にはそんな実感まるで無しでした。
それはそのはず。

朝から晩まで、母ひとり子ひとりで部屋に引きこもり。

一日ごとに自宅とスーパーを往復するだけだったのです。
賢くなるどころか、不自由さを感じもっと育児が楽しくなくなりました。
子供第一だけど自分の自由な未来のためにも少し行動を変えてみました。

本屋さんに並ぶ子育て本

ネットの情報ではタイトルを押さないと記事が読めません。
本屋さんだと、ひとつのコーナーの背表紙が全部見られます。
思わぬ発見が得られやすいですよ。

気になるタイトルを次々開いてみるだけでも、淡々とした毎日に良い刺激になりました。

子育ての支援センターへ行く

一人目赤ちゃんで、ママ友がゼロだと勇気のいる行動ですね。

私の場合は、ママ友どころか知り合いがゼロでした。
遠方から引っ越しをした直後に一人目を妊娠したからです。
それでもこんな孤独なままではマズイと思い、自分のペースで何回も足を運んだものです。

その結果、気の合うママ友に出会う事ができ、一気に自分の世界が広がりました。

育児日記をつけてみる

赤ちゃんと、かけがえのない毎日を過ごしている自覚はあります。
でもいざ書いてみると、どうでしょうか?

授乳→おむつ→授乳→おむつ→入浴→授乳→おむつ、このループ。
何だか同じ毎日に思えて私は一週間でやめました。
続けている方はすごいですね。

かけがえのない毎日だと思えるのは今じゃなくて、何年か経ってからなんですよね。

しかし数か月でも経てば、同じ毎日でもわずかな違いに気が付きます。
数か月後の自分が、また育児辛さを感じた時に読み返すため。
こう考えると育児日記つけておけばよかったかなと思います。

無理をしない工夫

安心して赤ちゃんを預けられる家族がいない。
赤ちゃんを預かってくれる場所がない。
これでは心が追いつめられるばかりです。

私は思い切って、一泊二日夫に預けたことがあります。
粉ミルクの作り方や与え方・オムツ交換を伝授。
赤ちゃんの母子手帳・診察券・保険証のほかに、レトルトの離乳食を6回分ドーンと置いて。

24時間後、赤ちゃんと再会した時はいつも以上に可愛くみえました。

趣味や好きなことを再開

育児と家事だけをしていて、楽しいわけがありません。
赤ちゃんが長く寝るようになったら、夜な夜な好きなアニメ鑑賞やRPGのゲームをやらせていただいたものです。

育児と家事の手抜きを覚える

家事が苦じゃない人や効率よくこなす人だと、余裕をもって過ごせるのだと思います。
要領が良くないと無駄な動きが多いので、ヒイヒイしながら家事をしてすぐ疲れ切ってしまいます。

私がこのケース。

仕事でもそうですが、結局上手な人のやり方や段取りを少しだけ盗むのが早いんですね。
家事が好きじゃないとなかなか興味が持てないので難しいことだと思います。
けど好きじゃないからこそ、ラクにやりたいですね!
「赤ちゃんの成長はあっという間よぉ~」
諸先輩方の定番のセリフ。
ところが育児に疲れた母親は、どこがあっという間なのか?と。
こんな日々がいつまで続くのか?とウンザリですね。

赤ちゃんのためだけに生きるって美談だけど、現実はとても疲れを感じやすい!
自分の世界を少しでも広げてみるといいと思います。
育児を楽しむ余裕はあまりないけど、せめて楽しくないとは思いたくない。

少しでもあなたの「育児楽しくない」が減りますように。

-育児談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

専業主婦の劣等感

育児からの逃げで保育園へ?

保育園に関わるニュースが流れると各地で議論発生。 100の親子がいれば100通りの事情があるのに、軽々しく批判をする人が目に付きます。 私が気になるのは、子供と離れるためだけに預けようとする母親への攻 …

抱っこして抱っこして

2歳3歳なのに抱っこばかり

もう余裕で歩けるし赤ちゃんじゃないのに、抱っこばっかり。 可愛いけど肩こりや腰痛が酷くなるのでうんざりしますね。 もう2歳や3歳なんだから早く自立してー! 私も毎日のように心で叫んでいました。 抱っこ …

主婦のランチに賛否

夫の稼ぎでランチは否か

昔の私は、専業主婦や子連れママのランチに対し、厳しい目を向けていました。 社会で働くって大変なんだぞ! それを差し置いてラク&贅沢をするなんて!と。 二児の母になったいま、ここで懺悔します。 専業主婦 …

後追いひどい

後追いがひどい

我が子はまるで私の背後霊。 私が隣の部屋へ行こうとすれば声を上げ、後追いをしてきました。 ママって愛されてるなぁ感謝☆なんて平和なものじゃなく、育児疲れが倍増しノイローゼ寸前に。 後追いがひどい!いつ …

赤ちゃんに教育?

赤ちゃん(生後0カ月~6カ月)に教育?

無限の可能性を秘めた赤ちゃん。 こんな自分よりも素晴らしい大人に成長して幸せになってほしい。 いま何かをしてあげたら、その可能性はもっと広がりそうな気がする! そう願いつつ、疲れが続いて余裕なく過ぎて …

活動・発表の場を丸山ミユTwitterに移そうと思います。

丸山ミユです。
私生活では二児(2010年&2014年誕生)の母で田舎暮らし。
四コマ漫画「ダークマザー」は、2015年10月29日から描き始めました。
主人公と同様に母親っぽくない母親で、育児体験談を執筆中。

旧ペンネームは「山口美侑」で、某四コマ漫画月刊誌に1年ほど連続掲載されておりました(作品名:レイさんのお局日和)