育児談・創作四コマ漫画「ダークマザー」

活動・発表の場をTwitterに移します。2018年12月に閉鎖します。Please look at Twitter(@marumiyu4) from now on

育児談

コンビニのエロ本はアリ

投稿日:2017年4月2日 更新日:

コンビニにエロ本置くな!せめて隠せ!という批判がネットであがりましたが、私としてはアリです。
娘を持つ母親として気持ちは分かります。
では、なぜアリなのか?
通学路にエロ本

通学路にエロ本があったから

私が小学生だった時の通学路の書店に、エロ本が堂々と並んでいたのです。
しかも歩道の、手が届く場所に。
それでも昔から誰も訴える事はなくそのままだったから抵抗がありません。

エロ丸出しでも問題ない

この書店は30年以上前から、小学一年生でも手が届く場所にエロ本を並べています。
登校時は開店前なので無いですが下校時には登場してます。
女友達とはニヤニヤしながら、男友達には「ほら、左見ろ左!」と冷やかされながら帰っていました。

小学校は全校生徒700人前後。
実母は通学路のエロ本に対して「もう!こんなところにこんな物を置いて!」とプンプンしていましたが、書店や学校に相談することはしませんでした。
現代では性に目覚める前からこういう物を継続的に目に入れたら、ダメなのでしょうか?

性教育に使える

男も女も性欲がある。
相手の意に沿わない性被害がある。
こういう現実を早めに教えるのは得策だと私は考えています。

話それますが、小学生になると一人で出歩くようになります。
私が小学校低学年だったころ軽い性被害に合いました。
早めの性教育をすることで危機感が持てるようになるのではと思います。

もし子供が丸見えのエロ本を指さして「ママ、あれ何?」と聞いてきたらそのまま答えます。

エロ=否定?

エロに対して嫌悪感の高い人は多いと思います。
経験や考え方は色々で人それぞれですから、目につく場所にエロ本があって許せない方からしたら現状は苦痛。
せめて隠してほしいという要望を出すことは良いと思います。

エロは否定しても消えない

いくら否定してもこの世から性欲が消える事はなさそうです。
エロは身近で、子供も性の対象にされてしまう事もある現実を子供自身が知るって大切ですね。
全国的にエロ本が見えないように配置されることは理想ですが、潔癖すぎやしませんか。

 

エロ本が丸見えでも
あんなものが外から見えたら嫌だ!と言うのは自由。
母親として嫌悪感を表現することで子供はひとつ学ぶと思います。
しかし、たとえ幼児でもエロ本について教えておいて損はない、とプラスに受け止める事ができたら、さほどストレスに感じない気がします。

-育児談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

育児楽しい?

子育てが楽しくないだなんて

出産後の生活が嫌になって、つまらない!逃げたい!なんて思うことが時々ありました。 育児がツライ。 可愛い赤ちゃんなのに罰があたりそうで申し訳ない気持ちに。 「子供がただ健やかに育ってくれたらそれで十分 …

母子同室か別室か

母子同室or別室どっちがいい?

ズボラな筆者は、産後の育児をラクしたいなぁ~って思っていました。 母子同室or母子別室 産み方次第で感じ方が左右するのです! こちらのページでは、両方の疲れた体験談を書いていきます。 私は、2010年 …

後追いひどい

後追いがひどい

我が子はまるで私の背後霊。 私が隣の部屋へ行こうとすれば声を上げ、後追いをしてきました。 ママって愛されてるなぁ感謝☆なんて平和なものじゃなく、育児疲れが倍増しノイローゼ寸前に。 後追いがひどい!いつ …

赤ちゃんが泣きやまない

赤ちゃんが泣きやまない原因は?

泣きやまない赤ちゃんを泣きやませるのは、母親である自分の仕事。 赤ちゃんが泣く原因も母親なら分かるはず。 筆者はナマケモノのくせに、こういうこだわりを持っていました。 こんな考え方は自分で自分の首をし …

2歳3歳おもちゃ貸せない

2歳3歳 おもちゃを貸せない

2歳や3歳になってくるとおもちゃが貸せない! よその子からおもちゃを取られたら激しく抵抗! 我が子もしょっちゅう泣いて騒いだので私もうんざりしました。 おもちゃを貸せるようになるには 貸し借りでよその …

活動・発表の場を丸山ミユTwitterに移そうと思います。

丸山ミユです。
私生活では二児(2010年&2014年誕生)の母で田舎暮らし。
四コマ漫画「ダークマザー」は、2015年10月29日から描き始めました。
主人公と同様に母親っぽくない母親で、育児体験談を執筆中。

旧ペンネームは「山口美侑」で、某四コマ漫画月刊誌に1年ほど連続掲載されておりました(作品名:レイさんのお局日和)