育児談・創作四コマ漫画「ダークマザー」

活動・発表の場をTwitterに移します。2018年12月に閉鎖します。Please look at Twitter(@marumiyu4) from now on

育児談

赤ちゃん(生後0カ月~6カ月)に教育?

投稿日:2017年3月3日 更新日:

無限の可能性を秘めた赤ちゃん。
こんな自分よりも素晴らしい大人に成長して幸せになってほしい。
いま何かをしてあげたら、その可能性はもっと広がりそうな気がする!

そう願いつつ、疲れが続いて余裕なく過ぎていく日々。
抱っこするだけで終わる日が何度もありました。

日常生活でできる教育

身の丈に合わない事をすると、ますます育児に疲れていきます。
“ここ数日無理だったけど今日はちょっとできた!”
小さいながらも無意識でいるよりは全然違うと思います。

赤ちゃんの自己肯定感を高める

自分はこの世で生きていて良いんだ!という感覚。
これが低いと、
・人に対して優しくできない
・何かに挑戦しようという意欲がわかない
・不安で失敗をおそれて動けない
こうなると子育てが長く続きそう…。

自己肯定感を高めるにはわりと簡単で、要求をできる限り聞いてやるそうです。
“要求”が安くて簡単な月齢のうちに。
赤ちゃん時代の要求って、このくらい。
「お腹すいた!」→授乳や離乳食を与える
「オムツ気持ち悪い!」→オムツかえる
「暑いor寒い」→空調や衣類をかえる
「退屈」→抱っこして景色をかえる
「さみしい」→抱っこやおんぶする
いま赤ちゃんを育てている方は、どこが安くて簡単なんだ!と思われるでしょう。
当時の私もなんて過酷な!と思っていました。
赤ちゃん、お待たせ!
満たされない気持ちを抱えながら大きくなって、それから慌てて自己肯定感を高めようとするとすごく難しいんです。
高額な物を欲しがる、成長を妨げるような遊びばかりしたがる等々。
高くて難しい要求になっています(2017年現在まさに困っています)。

泣いたらよく対応してもらえた赤ちゃんは?
→自分の要求を主張すれば受け入れてもらえるんだ(^^)と生き生きする
泣いても対応してもらえなかったことが多かった赤ちゃんは?
→自分は存在しなくてもいいんだ(-_-)と諦め泣かなくなります

赤ちゃんでも声掛けをする

一番、お金と時間と労力をかけない方法ですね。
赤ちゃんが泣きはじめたら「何?どないしたんや」でも良いです。

泣いていない時でも、

ワイドショーを見ながら感想を言う。
「え!あの芸能人あんなに痩せてた!?」

独り言でもじゅうぶん。
「ママ、トイレ行ってくる」

赤ちゃんの沐浴の時に、洗いながらその部位を言うのも良いようです。
「ひじを洗うよ~!」
「ひざの裏をごしごしするね」
触覚と連動するので毎回続けていれば、ひじやひざの裏がどこにあるのか覚えてしまうかも?

赤ちゃんに触る

私は子育て広場でベビーマッサージを習った事があります。
他の親子と一緒に楽しくできました。
しかし家だとダラけて億劫に。
マッサージの手順はあるのですが、長くて疲れるので短くしました。

赤ちゃんの肌に良いオイルは、ママの肌にも良いので、自分とまとめてケアをする感覚で使用したものです。

オイルすら面倒な日は、おむつ交換のあとになでなでするだけ。
赤ちゃんの丸っこい手。
ぷにぷにほっぺ。
太もものぷよぷよ感。
豆つぶみたいな足の指。
ほんの数秒でも、やった方が愛情ホルモン出そう。

赤ちゃんに絵本

まだ首もすわらない赤ちゃんだと、絵本なんて理解できるの?って気がしますね。
“赤ちゃんにもっと何かしたいんだけど、考えるのが面倒臭い時に使うツール”
私はこういう風にとらえると、絵本に対してハードルが下がりました。

赤ちゃんにおもちゃ

生後6か月くらいまでの赤ちゃんだと、何でもおもちゃになります。
トイレットペーパーの芯に入らない大きさを目安にしました。

やりすぎは禁物

例えば、なかなか寝返りしようとしないからまるで“練習”のように、赤ちゃんの体を横にゴロンと動かすこと。
母親が、これをやりなさい出来るようになりなさい、と一方的にやらせている状態。
将来指示待ち人間になるかも?

同じ月齢の赤ちゃんが次々出来るようになっているのに、我が子だけができていないと不安でたまりません。
それは分かります。
出来るようになるまでの間、とりつかれたようにその事ばかり気にしてしまいますよね。

出来ないから頑張るはまだ先

努力というと聞こえは良いですが。
小さいうちから「出来なければダメ」という価値観を植えつける危険があるようです。
出来なければダメなのだから、頑張り続けなければ許されない…。

逆のことを強制されたらたまったものじゃありません。
親にだって、出来ないことはたくさんあるのです。
出来ない事があっても良いというのは自己肯定感の維持にも!

自分で選んだことを出来るようになりたい!と自発して頑張ってくれるのが理想。

赤ちゃんからの反応は気長に待つ

小さい赤ちゃんに話しかけても期待した反応はなかなかありません。
反応の無い物に話しかけているようなものです。

赤ちゃんの育児って毎日同じことの繰り返し。

精神的に余裕がないときは何もしなくて良い。
無音でも良い。
テレビの音だけでも良い。
食事・排泄だけで終わる日があっても良いと思います。

 

今日も疲れたし出来てないことあるけど、まあいいか。
母親の心が穏やかで平和でいる事が、赤ちゃんにとって一番良い教育になるのかもしれません。

-育児談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

主婦のランチに賛否

夫の稼ぎでランチは否か

昔の私は、専業主婦や子連れママのランチに対し、厳しい目を向けていました。 社会で働くって大変なんだぞ! それを差し置いてラク&贅沢をするなんて!と。 二児の母になったいま、ここで懺悔します。 専業主婦 …

通学路にエロ本

コンビニのエロ本はアリ

コンビニにエロ本置くな!せめて隠せ!という批判がネットであがりましたが、私としてはアリです。 娘を持つ母親として気持ちは分かります。 では、なぜアリなのか? 通学路にエロ本があったから 私が小学生だっ …

ママ友はいらない?怖い?

ママ友いらない?怖い?

ママ友地獄!なんていうキャッチコピーの怖いドラマがあるかと思えば、 孤立した育児を解消するためにママ友を作ろう!という動きもみせるママ友ワールド。 結局、育児疲れを増やすのはどっちでしょうか? ママ友 …

母子同室か別室か

母子同室or別室どっちがいい?

ズボラな筆者は、産後の育児をラクしたいなぁ~って思っていました。 母子同室or母子別室 産み方次第で感じ方が左右するのです! こちらのページでは、両方の疲れた体験談を書いていきます。 私は、2010年 …

遊ぶって何

子供と遊ぶのが苦手

私は子供と遊んでも楽しくないな…と思うことが何度もありました。 子供と遊ぶって楽しい!そんな幸せな気持ちを自覚できたのは最初ぐらいのもの。 子供と遊んでいつも楽しいと思えたなら 子供の遊びの内容が私に …

活動・発表の場を丸山ミユTwitterに移そうと思います。

丸山ミユです。
私生活では二児(2010年&2014年誕生)の母で田舎暮らし。
四コマ漫画「ダークマザー」は、2015年10月29日から描き始めました。
主人公と同様に母親っぽくない母親で、育児体験談を執筆中。

旧ペンネームは「山口美侑」で、某四コマ漫画月刊誌に1年ほど連続掲載されておりました(作品名:レイさんのお局日和)