育児談・創作四コマ漫画「ダークマザー」

我が子は大好きだけど、報酬ゼロ・評価ゼロ・見通しの立たない子育てが憎い。キレイ事<現実。

育児談

1歳 まだ歩かない

投稿日:2017年11月23日 更新日:

1歳を過ぎたのにまだ歩かないの?
0歳でも歩いてる子はいるのになぜ?
娘が1歳~1歳4ヶ月の頃の私はモヤモヤしていました。

-SPONSORED LINK-



1歳5ヶ月を迎えてようやく一歩二歩歩き始めたのです。
えっまだそれくらいしか歩けないの?
いろんな人に色々言われましたが、3歳過ぎた現在は何の問題もなく歩いています。

1歳なのに歩かない?原因や対策は?

本当に月並みですが、個人差だと思います。

原因1、本人に歩く気がない

1歳前後で自己主張の激しい子は少ないかもしれませんが、歩かないというのは「歩く気がない」という意思表示だと受け取るようにしました。
二人目の子だったので悩む時間があまりなく、比較的気持ちを切り替えやすかったです。

原因2、歩かなくてもよい状況だった

0歳~1歳の間に引っ越しをしました。
作業に加え、一人目の子の世話や送迎のため、1日平均6時間以上おんぶしていました。
この子は用のない時に背中からおろすと泣く子でした。
夜の睡眠・食事排泄・風呂の時に限り背中から離れる状態です。
1歳歩けない
引っ越しの作業は、荷物の多い家族なのでササッと片付かず1カ月くらい必死でやりました。
田舎での新築マイホームで義両親との近居だったためです。
「まだ片付かんのか」
というプレッシャー。
片付いたら片付いたで、時間をもてあましている姑が色々と指示を飛ばしてきます。
その都度おんぶ。
家の中で子供達とゆっくり過ごす時間はありません。
子供にとったら歩く機会があまりなかったといえます。

歩かない!で深く悩まないよう対策

私の場合は姑から逃れたかったので、毎日外へ逃げるように過ごしました。
適当におにぎり等を持って、市内・市外の子育て支援センターを順々に、毎日ツアーのようにまわっていました。
出会った母子や先生方は色々な子供の成長を見てきているので、本当に色々な話が聞けて自分の視野が広がります。
おかげであまり深く悩まずにすんだのです。

-SPONSORED LINK-



家の中にいると、この子はまだ歩かないのかと余計な事を考えてしまいます。
子供の可愛い写真が撮れたので軽い気持ちで実母に送信すると、
「靴下はいてると立ちにくいんじゃない?裸足の方が歩こうとするときに良いんじゃない?」
と言われてしまい頭に血がのぼったことも。

 

無理な努力はしない
例えば自分自身がうまくできないことがあって、できるようになりたいと思って自分で努力するのはアリです。
子育てのややこしさは、自分の努力次第ではないところ。
もうそろそろ歩こうよ!とこちらがいくら頑張っても子供本人にその気がなければ結果はでません。

”まだ歩かない”で悩んでおられる方、思いつめるくらいなら小児科へかかってみるのも良いかと思います。

-育児談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

専業主婦の劣等感

育児からの逃げで保育園へ?

保育園に関わるニュースが流れると各地で議論発生。 100の親子がいれば100通りの事情があるのに、軽々しく批判をする人が目に付きます。 私が気になるのは、子供と離れるためだけに預けようとする母親への攻 …

赤ちゃんに教育?

赤ちゃん(生後0カ月~6カ月)に教育?

無限の可能性を秘めた赤ちゃん。 こんな自分よりも素晴らしい大人に成長して幸せになってほしい。 いま何かをしてあげたら、その可能性はもっと広がりそうな気がする! そう願いつつ、疲れが続いて余裕なく過ぎて …

赤ちゃんが泣きやまない

赤ちゃんが泣きやまない原因は?

泣きやまない赤ちゃんを泣きやませるのは、母親である自分の仕事。 赤ちゃんが泣く原因も母親なら分かるはず。 筆者はナマケモノのくせに、こういうこだわりを持っていました。 こんな考え方は自分で自分の首をし …

主婦のランチに賛否

夫の稼ぎでランチは否か

昔の私は、専業主婦や子連れママのランチに対し、厳しい目を向けていました。 社会で働くって大変なんだぞ! それを差し置いてラク&贅沢をするなんて!と。 二児の母になったいま、ここで懺悔します。 専業主婦 …

育児楽しい?

子育てが楽しくないだなんて

出産後の生活が嫌になって、つまらない!逃げたい!なんて思うことが時々ありました。 育児がツライ。 可愛い赤ちゃんなのに罰があたりそうで申し訳ない気持ちに。 「子供がただ健やかに育ってくれたらそれで十分 …

-SPONSORED LINK-


丸山ミユです。
私生活では二児(2010年&2014年誕生)の母で田舎暮らし。
四コマ漫画「ダークマザー」は、2015年10月29日から描き始めました。
主人公と同様に母親っぽくない母親で、育児体験談を執筆中。

旧ペンネームは「山口美侑」で、某四コマ漫画月刊誌に1年ほど連続掲載されておりました(作品名:レイさんのお局日和)